Make your own free website on Tripod.com



FreeDOに関するメモ

漢字ROMが必要なゲームの起動方法
 一部のゲームでは、起動させると、
「このマシンには、漢字ROMが内蔵されていないので使用できません。」
などとメッセージがでます。
 その為、FreeDOでは起動できないと思いがちですが、FreeDOは漢字ROMが必要なゲームにも対応しています。


 漢字ROMが必要なゲームは、「ソード&ソーサリー」と「ブルーフォレスト物語」らしいです。
(「ブルーフォレスト物語」に関しては未所持の為、未確認。他にもあるかも・・・。)
以下、「ソード&ソーサリー」で説明していきます。

 まず、「Arts-Union」ソフト置き場か、Madroms氏のバックアップから、3DO Commanderを入手します。
これは、通常見ることのできない3DOのCD-ROMの中身を見たり、ファイルをコピーできるTOOLです。
3DO Commanderを起動し、「ソード&ソーサリー」のCD-ROMまたは、ISOイメージの中を見ます。
System < dir > → Glaphics < dir > → Fonts < dir > 内に移動すると、JFONTROMファイルがあります。
「Extract>>>」ボタン押し、JFONTROMをコピーします。


FreeDOを起動、File → Select ROM2 ... でJFONTROMを指定します。
(レジストリ内のBiosPath2に設定が保存されます。)

File → Load CD、CPU → Start または、File → Open ISO...、CPU → Start
で「ソード&ソーサリー」を起動させるとメッセージは出なくなり、ゲームをプレイすることが出来ます。


 ちなみに、JFONTROMを指定しておくと、メモリー管理画面なども日本語表示になります。




 3DO Commanderの起動時に、ASPI関連のエラーが出た場合は、Adaptec社のASPI layerをインストールしてみましょう。Adaptec社のサイトのここから入手できます。

 Adaptec社のASPI layerをインストールしてもダメな場合は、CDRWINのサイトに置いてあるASPI Driversも
試してみましょう。

それでもだめな場合は、CD-ROMから直接吸い出すのはあきらめて、次に紹介するイメージ化をしてから吸い出すとよいかもしれません。

イメージの作成方法
 方法は、いくつかあるようですが、CDRWINを使った方法を紹介します。
CDRWINを起動。
Extract Mode... → Disc Image/Cuesheet にチェック。
Reading Options → RAW のチェックをはずす。他の設定はデフォルト。
Image Filenameでファイル名を指定。STARTで作成
 この方法で作成すると、3DO CommanderでISOイメージとして、ファイルの中身を見ることが出来ます。